蜂蜜と遠雷

昨日ようやく本当の梅雨に入ったのかな〜というお天気でしたが、今日また晴れてますね〜
こんなに雨降らなくて大丈夫なのかな
近頃なかなかいい本と出会えてなかったのですが
出会っちゃいました
蜂蜜と遠雷…
本当におもしろい
本屋大賞と直木賞、ダブル受賞ってことで
だいぶ期待しながら読んだのですが
読むのが激遅い私でさえ
一気に読めてしまうほど
本に引き込まれて
もう本の中の世界にどんどん浸かっていってしまいました
ピアノコンクールのお話なのですが
夜中に読みながら
早くピアノ弾きたい!!
そんな感覚にさせてくれる
とっても素敵な一冊でした
やっぱり音楽っていいな〜
ステキだなあ〜
たった一音でもこんなに重くて
たくさんの想いがあって
風とか
空気とか
鳥の声とか
色んなものが音楽には溢れてるんだな〜
改めて実感して
ピアノがまたもっと近くに来てくれた気がしましした
今日はまた少しいい音で弾けそうです